安い単身引越しはここで実現

単身引越しを安い料金で依頼するには比較が必須です

単身引越しの料金って宅配便のように荷物の大きさや重量と運ぶ距離さえ決まっていれば、一律で計算できるものだって思っていませんか?たしかにヤマト運輸や日本通運の単身パックは、そういった条件で料金の計算ができます。

 

しかし、単身引越しの看板を掲げている多くの引越し業者の見積もりは実は大変アバウトなものであることが多いのです。会社毎に一応は計算式があるものの、標準料金はかなり高く設定されていて最終的な引越し料金は値引きの大きさによって決まります。

 

トラックに空きがあり、どうしても仕事が欲しい日の引っ越しの見積もりであった時には、引越し業者は大きな値引きをしてでも契約を取りにきます。そのお客様が他社からも相見積もりを取っていれば、さらに安い金額を提示してくれるでしょう。

 

同じ条件の単身引越しであっても、相見積もりを取るだけで数万円も安い料金で契約できることは普通にあります。複数の引越し業者の見積もりを比較するだけで数万円の違いがあるならやらない手はないですよね。

 

そんなあなたにおすすめなのが一括見積もりサイトです。一括見積もりならたった一度だけ引っ越しに関する条件を入力するだけで登録されている複数の単身引越しの会社から見積もりをもらうことができます。

単身引越しにおすすめな一括見積もりサイトランキング

単身引越しの料金を比較するのににおすすめな一括見積もりサイトのランキングがこちらです。

 

複数の引越し業者による相見積もりは単に引越し料金を安くするだけでなく、サービス内容が良さそうな一社を見つけるのにも有効です。

 

料金の安さだけで引越し業者を決めるのではなく、一括見積もりを活用して丁寧で親切そうなあなたにあった引越し業者を見つけましょう。

 

引越し侍

引越し侍の特徴
  • 270社以上の会社から最大10社で見積もりの比較ができる
  • 引越し料金が最大50%も安くなる
  • サカイ引越センター、アート引越センター、日通といった大手から中小の引越し業者が参加
  • 24時間いつでも好きなタイミングで見積もりを依頼できる
  • テレビCMも放映している業界最大級の一括見積もりサイト
  • 引越し侍独自の特典でさらにお得
評価
評価5
備考
引越し業者ご紹介数3110万件(2019年3月現在)
引越し侍の総評
全国270社以上の引越し業者から最大10社で料金の比較ができる業界最大級の一括見積もりサイトです。

圧倒的な利用者数が1位の理由です。参加企業が多さは引越し料金の比較に最適。さらには多くの口コミ件数にも繋がり、優良な引越し業者探しにも役立ちます。
引っ越しに関する情報も非常に豊富で、地方別の手続きのチェックリストからお得に引っ越しする方法までこのサイト一つで完結できます。
単身引越しを安く済ませたいなら、おすすめしたいサイトNO1です。

引越し達人セレクト

引越し達人セレクトの特徴
  • 引越し料金が最大55%オフ
  • 引越し交渉術のガイドブックをプレゼント
  • 選べるお得な特典が多数有
  • 総額13万円もお得な新生活応援の5大特典
  • カンタン30秒で引越し料金を比較
評価
評価4.5
備考
サービスの提供開始から15周年を迎える老舗一括見積もりサイト
引越し達人セレクトの総評
引越し達人セレクトの総評

引越し達人セレクトの人気の秘密は15周年の安心感と圧倒的なお得感です。
選べる特典では荷造り代行サービスもあり、引越し業者に荷造りを依頼しようと思っていた人にとっては魅力が高い特典です。
引越し侍には参加していない企業もいるので、本当の最安値を目指すなら合わせて使うという手もあります。

LIFULL引越し

LIFULL引越しの特徴
  • 見積もりが欲しい会社だけを選んで見積もり依頼できる
  • 最大10万円のキャッシュバックキャンペーン
  • 引越し料金が最大50%割引き
  • 提携引越し業者によるLIFULL限定特典さらにお得
評価
評価4
備考
HOME’S引越しとしてスタートした一括見積もりサイトがLIFULL引越しとして再出発しました
LIFULL引越しの総評
LIFULL 引越しの最大の魅力は自分が気になる引越し業者だけをセレクトして見積もりを比較できることです。信頼感が高い大手だけでも良いし、最安値を狙って中小引越し業者を選ぶのもあなた次第です。

また最短45秒のカンタン入力もおすすめ。ドタバタする引っ越し前の時期だから、簡単に見積もりができるサイトはとても魅力です。

一括見積もりがおすすめな理由

単身引越しの業者選びに一括見積もりがおすすめな理由は料金が安くなるだけじゃありません。

 

ここでは引越し料金の安さ以外の一括見積もりの魅力をご紹介します。

 

引越しの見積もり依頼に掛かる時間を時短できる

自分が住む地域の安くて丁寧な引越し業者を選び一社ずつ見積もりの依頼をするのは思った以上に手間が掛かります。例え荷物が少ない単身荷の引越しでも会社ごとに一から住所や荷物をホームページに入力するにせよ電話で伝えるにせよそれなりの時間は掛かるでしょう。

 

しかし、一括見積もりサイトならたった一度の入力で同条件の元に複数の引越し業者から見積もりをもらえるのです。

 

また、一括見積もり経由の依頼なら業者側もライバルとなる他社がいることが分かっています。最初から勝負できる見積もりを出してくるのも時短につながります。

 

一社ずつ連絡していれば、相見積もりと分かったとたんに不機嫌になる引越し業者だっているかもしれません。一括見積もりならそんな煩わしさもありません。

 

サービス面でも引越し業者を比較できる

引越し料金が同じだからって全く同一のサービスを受けられるとは限りません。引越し業者によっては梱包用のダンボールが無料だったり、不用品をサービスで引き取ってくれたり、荷造りを手伝ってくれる場合もあります。

 

また電話やメールであっても営業担当の対応から引越し業者の丁寧さを推し量ることもできます。電話の時点で横柄な態度を取るような引越し業者では丁寧なサービスは期待できません。

一括見積もり独自の特典が受けられる

一括見積もりを利用することで、キャッシュバッグやプレゼントなど独自の特典が受けられます。特典内容は各一括見積もりサービスによって違いますが、これらの特典は直接引越し業者へ頼んでいれば受けられなかったものです。

 

一括見積もりによっては10万円のキャッシュバックを受けられるものもあり、引越し代が浮くばかりかおつりが返ってくる可能性だってあるのです。

 

 

当サイトいちおしの一括見積もりは引越し侍です。

引越し侍公式サイト
https://hikkoshizamurai.jp/

 

単身引越しの業者選びで失敗しないために口コミの確認以外でおすすめなのが全日本トラック協会が定める引越事業者優良認定制度(引越安心マーク)の取得業者から選ぶという方法です。

 

引越安心マークはサービス面の品質向上を目的とされた制度なので、少しでもトラブルを防ぎたいなら取得している引越し業者から選ぶ方が安心です。

単身引越しを安くする方法

一括見積もりを使っても思ったほど引越し料金が安くならなかったら以下の方法を試してみましょう。

 

単身引越しは工夫次第でまだまだ安くなる可能性があります。

 

繁忙期や忙しい日を避ける

引越しは忙しい日と暇な日の料金差が大きい業界です。特に一年で一番忙しい繁忙期は暇な日の2倍以上の引越し料金も珍しくありません。

 

特に近年では引越し業者へ依頼できない引越し難民という言葉が生まれるほどドライバー不足が深刻化しています。

 

例え一括見積もりを利用したとしても、繁忙期だけは値引きは期待できないかもしれません。それどころか依頼を受けてくれる引越し業者を探すだけでも苦労するはずです。

 

単身引越しをできるだけ安くしたいなら、間違っても繁忙期には引っ越ししないことです。また繁忙期以外であっても月末や土日や祝日といった休日を避けましょう。

 

暇な日を選べば引越し業者との料金交渉も有利に進められます。例えばアート引越センターでは希望日の前後2日間に日程を変更できるなら引越し料金を半額にできる引越待ち割キャンペーンというものがあります。

 

引越し業者にとって暇な日の予定を埋められるのはそれだけ価値が高いことなんです。

 

忙しい日を見極めるの便利なのが引越し業者のホームページにあるカレンダーです。
業界大手のサカイ引越センターのカレンダーを見てみれば大よその忙しい日、暇な日が分かるでしょう。

 

トラックの到着時間を指定しない

引越しは作業を始める時間帯によっても料金が変わります。一番料金が高いのは朝一で作業を始める午前便です。家族荷の場合はたいてい午前便と午後便の2件だけですが、単身引越しの場合は1日でもっと多くの引越しができます。

 

午前、午後といった縛りではなくフリー便という形で引越し業者の予定にお任せする形にすれば同じ日であっても安くなる可能性はあります。

 

単身パックを利用する

ヤマト運輸日通では単身パックというサービス名で単身引越しを格安の料金設定で受け負っています。カゴ台車が一つの単位になっており、1台で荷物が積めれば安く済みますが、実際に積み始めないとどうなるかは分かりません。

 

荷物量が多すぎても1台には乗りませんが、自転車や原付バイクといった荷物も単身パックには積めません。このような荷物を運んで欲しいなら他のサービスを探すしかありません。

 

見積もり段階で荷物が積めるかどうか判断できないのが単身パックのデメリットと言えます。自分で荷物量が把握できて、単身パックに収まると判断できたならお得に引っ越しできるサービスです。

 

引越し業者の単身プランを利用する

各引越し業者でも独自の形で単身プランを設定しています。あなたの条件によっては単身引越しを安くできるかもしれません。条件は時間であったり日程であったり荷物量であったりします。
サービス内容を見極め、条件に当てはまるようであれば単身プランで安く引っ越しできるでしょう。

 

赤帽に依頼する

赤帽は軽トラを使った単身引越しを格安で依頼できることで有名です。荷物が少なく短時間で終わる作業なら1万円程度の激安で引っ越しすることができます。

 

荷物量についてはその赤帽が持っている荷台の高さによって変わってきます。幌高の軽トラなら、かなりの荷物を積めますが赤帽によって高さが違うので確認が必要です。

 

さらに赤帽は時間制と距離制のどちらかの見積もりを採用しているので注意が必要です。時間制の場合、距離が近くても渋滞で時間が掛かると追加料金を取られかねません。

 

最後に赤帽は基本1名で作業をするので手伝いが必要な場合があります。特に女性やお年寄りの一人荷の場合、手伝いが必要かどうかは事前に確認しておいた方がトラブルを防げます。

荷物をできるだけ少なくする

引越し料金は荷物量や日程、新居までの距離でおおよその料金が決まります。それは単身であっても例外ではありません。

 

依頼する荷物量が減らせるなら、それだけ安い費用で依頼できる可能性が高まります。特に引越し業者を見つけるのが難しい繁忙期ならその効果は大きくなります。

 

究極は大きな家具や家電製品をリサイクルショップなどを利用して売却してしまい、ダンボールだけを宅配便で運ぶことです。

 

時期によっては買い直した方が安くつくほど引越し料金が高額化する場合があります。

 

参考:家具と家電の出張買取ならトレジャーファクトリー

 

長距離引越しの場合は混載便で頼む

学生さんの入学や卒業、単身赴任などで一人分の荷物でも長距離引越しの場合は意外とあります。単身荷物では大きなトラックを満載にはできないので1台のトラックで運ぶチャーター便では割高になります。

 

例え満載になるほどの荷物があったとしても高速料金や燃料費が高くなるために長距離引越しでは大きなトラックで複数件の荷物を運ぶ混載便を利用した方が安くできます。

 

単身パックもある意味では混載便と言えます。ヤマト運輸や日通は全国に拠点があり宅配便と合わせれば一緒に運ぶ荷物にも事欠かないので長距離引越しであっても安くできるのです。
引越し専門業者であっても混載便を利用している会社はあります。荷物が届くまで少し時間が掛かるなどといったデメリットもありますが、高い長距離引越しを少しでも安くしたいならおすすめできる方法です。

カテゴリ一覧

 

Twitter Facebook はてブ LINE

 

トップへ戻る